タグ別アーカイブ: ブプロピオン

禁煙補助薬のブプロピオン

ニコチンが全く含まない禁煙補助薬のブプロピオン
タバコはストレスを解消するためにはいいかもしれません。
しかし、吸い続けることで体に悪い影響をあたえます。
「肺ガン、咽頭ガン、COPD(慢性閉塞性肺疾患)」など、命にかかわるほど重大な病気に発展します。
byouki

そのほか、「動脈硬化、高血圧症錠、心臓病、喘息」など、強力な危険因子につながります。

そこで、禁煙を成功させるために、まずは自分自身から「タバコをやめる!!」という強い意志を持つことが重要になります。

しかし、そんなに簡単にタバコをやめることはできない・・・。
タバコに含まれるニコチンには”強力な依存性”が含まれています。そのため、自分の意思だけで乗り越えるということはどうしても難しいのも事実、、、

そこで利用するのが禁煙補助薬「ブプロピオン」になります。

>>ブプロピオンの製品詳細・購入に関してはコチラ

 

 


ブプロピオンの効果

禁煙補助薬は、禁煙時の不快な離脱症状を抑えるために利用します。
もともと、ブプロピオンは禁煙補助薬として開発された薬ではありません。実は抗うつ剤として利用されていました。

しかし、ブプロピオンを投与した患者の中に、禁煙補助の効果が認められたため、現在、世界的に禁煙の薬としても処方されています。
今までの禁煙補助薬は、ニコチンパッチやニコチンガムのように、皮膚や口の粘膜から体内にニコチンを侵入させ、徐々にニコチン量を減らすことで、禁煙を成功するという仕組みでした。
gamu

しかし、ブプロピオンはニコチンを含まない禁煙補助薬で、しかも内服するという画期的な薬です。

ブプロピオンを服用することで、ニューロンのニコチン受容体へのニコチンに結合を防ぎ、喫煙の満足感を抑制してくれます。

それから、少量のドーパミンを放出してくれるため、禁煙にも伴う離脱症状、タバコに対する切望感を軽減してくれます。
kirisi

この2つの効果により、禁煙の成功率を高めてくれます。

 


ブプロピオンを個人輸入で購入する

ブプロピオンの購入についてですが、まずは病院の喫煙外来を受信する方法があります。

ニコチン依存症と診断されれば、保険適用で治療を受けられ、禁煙補助薬を処方してもらうことができます。

しかし、期間は約3ヶ月で、なおかつ通院回数は初診を含め5回までと決められています。
それ以上かかる場合は実費診療となり、価格が一段と高くなります。

okane

そのようなことから、保険や金銭的なことを考え個人輸入を利用するします。
個人輸入に限り、医師の処方せん、保険など必要なく、価格を安くして購入することができます。
(1箱60錠:7000~8000円)

なおかつ、「忙しくて中々受信できない、近くに病院がない」そんな人にも、パソコンやスマフォを利用すれば、、簡単に個人輸入で購入することができます。

 

タバコは辞めたいけど、意志が弱くて辞めることができない、、、。そんな人にブプロピオンが禁煙成功率を格段に上げてくれます◎

 

>>ブプロピオンの製品詳細・購入に関してはコチラ