タバコが原因で老化現象が早まる

20代の頃にタバコを吸っているときはそんなに考えていなかったのですが、30代に入ると老化現象に悩むことが多々有り、特にタバコを吸う事で、より老化現象が起こりやすいと言われています。

喉の異物感のために継続的に吸い続けることで、しわがれた声になったりして、一発でタバコを吸っていることがわかるとも言われています。タバコを吸わない人からすると、喫煙者は匂いが染み付いているために、すぐに分かるとも言われ、老化現象以上のことだとも言われています。

1日に20本以上のタバコを吸い、それを30年間以上吸っていると、体がぼろぼろになり、風を引きやすくなるし、目がかゆい、鼻水が出るなど訴える人が続発するという話を聞きます。

自分でもタバコを吸う事で体調の変化が訪れることはわかっているのですが、なかなか辞められないために、どんどん老化が起こってしまいます。

老化現象は体内だけでなく、皮膚にも現れてきます。例えば、顔立ちかにハリがなく、シミやシワなどが発症しやすく、たとえ女性専用の化粧品を使ったとしてもた効き目が出ないとも言われています。

健康や美容の予防ができないというのは本当に悲しいことにつながりますので、やはり、先々のことを考えても、禁煙を勤しんて行うことが重要になりますね。