タバコを長期間吸うことで肺気腫になる

確かにタバコを吸う事でストレスを和らげるという根拠が本当にあればいいと思いますが、結局のところはわかっていないと言われています。それなのに吸う人が多いのはどうしてなんでしょうか?しかも、タバコを吸う事で、体に異常をきたすことがわかっていても、それでも吸い続けてしまいます。

特に、タバコに含まれているニコチンやタールの影響で、体内の肺に影響をおよぼすために、肺がんになることもわかっているのですが、わかっていてもそれでも吸い続けるという怖いタバコの魔力。

タバコの病の一つに肺気腫があり、タバコが原因で起こることがわかっています。一般的に長年喫煙を続けた高齢者に多いタバコの病気ですが、煙草の煙に極小の粒子まで含まれており、有害物質を含んだs微小の粒が口や喉、太い気管支へ付着して、起こります。肺の奥にまで到達してしまうことで、一番奥の細気管支を壊してしまい、最終的に酸素交換の場である肺胞まで破壊してしまうことで、症状がどんどんと悪化してしまうわけなんですね。

症状が悪化すると本当に怖いような症状になるために気をつけなくてはいけません。ただ、気をつけるためにどうしたら良いかというと、結局はタバコを吸わないほうが良いことなんですが、なかなか辞めることができないために、吸い続けてしまい肺気腫が悪化してしまうわけです。

細かい気管支が傷んでしまい、吸い込んだいきをうまく吐き出すことができなくなり、肺は膨らみ過ぎの状態となってしまい、どんどんと悪化してしまうわけなんですね。症状が悪化すると、タバコをやめたとしても、完全に治すことができなくなります。

そのために、症状が悪化する前に、タバコを辞めることが重要であり、普段からの健康管理についても意識しておくことが大切になります。