喫煙とカルシウムの関係

骨を強くスリ、筋肉を鍛えるために必要な栄養分が「カルシウム」だと言われています。喫煙によって、多くの期間が弱っていきますが、胃腸も其の中の一つ。煙草によって弱まってしまった胃腸では、骨を形成することが出来ないために、やはり普段からの生活環境はすごく大事。ただし、カルシウムを強くするために、毎日のように牛乳などを飲んだとしても、タバコを吸っていては意味がありません。

骨に無数の小さな穴があき、スカスカ状態になってしまいます・・・。つまり、骨が折れやすくなるのです。若い世代ならまだしも、高齢者になると、回復が遅れ、病院で寝たきりになってしまいます。実は、骨折が原因で、認知症になりやすくなるというのも、実は骨の回復が遅くなるからだそうです。なおかつ、若いうちに、どれだけ骨を強くしておくかも重要と言われています。

高齢者になって、禁煙し、毎日のようにカルシウムを吸収したとしても、骨を強くすることは出来ないと言われているために、やはりタバコは吸わずに、しっかりとした健康管理をおこなうことが重要になりますね。

特に女性の場合は、カルシウムが低下すると、それとどうじに女性ホルモンの減少も関係すると言われているので、より多くのカルシウムを吸収することが望ましくなりますね。