タバコと睡眠不足の関係

たしかにタバコを吸うことで多少の爽快感が有るのかもしれないが、健康面を考えたときには悪い所が多すぎる。其の一つが睡眠不足です。

喫煙者の多くが自覚症状に気づかず、ぐっすりとした睡眠をとれずに、疲労が貯まってしまうという悩みを抱えてしまいます。たとえ、睡眠がとれたとしても、疲れがとれなくなってしまうという人もいます。それが喫煙によるものなんですね。

タバコと不眠の関連性は、煙草の害を知らないと、どうしても症状が悪化してしまい、深刻な症状に陥ってしまいます。

喫煙者にとって睡眠時間はニコチンが切れている時間となり、朝起きて、すぐにタバコが吸いたくなるのは長い間にこちんを吸収しないことで脳がニコチンを干しているから。其のために、寝る前に一服し、「よっしゃ寝るぞ」っという気持ちになる。しかし、肺や脳には良い酸素は与えていない。

タバコにはニコチンが含まれているのは承知の事実だが、ニコチンには脳を覚醒させる作用があり、このため、寝付きが悪くなる。たとえ、体はつかれていても、布団に入ったとしても、ぐっすりとした睡眠を摂ることができなくなる。睡眠によってビタミンCが外居されるために、体の回復を妨げる事にもなるために、やはりタバコを吸うことは生活環境に大きなダメージをあたえてしまいます。