喫煙者からの誘惑に乗らない

ブプロピオンを服用することで、タバコを辞めることができた。しかし、せっかくタバコから引退することができても、それをヨシとしない人たちがいます。

そのために、周りの喫煙者からタバコを誘われても、必ず吸ってはいけません。

皆自分がどこかタバコを吸っていることに罪悪感を持っているはず。自分の仲間が減ることを何処かで恐れている。禁煙しましたなどと周りに言うと、すぐに食いついてきます。なんで禁煙なんでするのか?まだ若いんだから大丈夫だよ。タバコはステレス解消に良い!今更禁煙なんてしてどうするのか?そんなつらい思いしてまで、タバコを吸わないなんて俺には考えられない。

そんなことを行ってくる人がいます。しかし、禁煙をしている人にとって、喫煙者は身近な敵。そのために、意見を鵜呑みにすると、すぐにたばこを吸ってしまいます。どんなことがあっても、口元にたばこを持っていなかないこと。それはきっと、自分のためになります。

禁煙車にとってはタバコを吸っていた時に同じ時間を共有していた元の仲間。コチラがタバコを吸いたくなるようなうまい言葉を次々と思いつき、再びタバコの世界へと連れ戻そうとする。

そんな仲間たちの誘惑の言葉に負けないよう、禁煙車から彼らの言葉への対応策を考えてしまう。
そのため、喫煙者からの誘惑には必ず乗らず、完全にタバコの世界から脱却し、健康的な体を求めることが重要になると思います。