脳や血管を活発に

タバコを吸うことで、ニコチンやタールが含まれているために、肺にダメージが大きいと思いがちですが、それ以外に脳に対しても影響が大きいです。特に深刻なのが、思考力や学習力、仕事に対する集中力や記憶力が低下しやすくなります。

これは、脳内の血管に対して悪い影響を与えるからです。

そのために、脳と血管に栄養分を与えることが重要になります。
特に、栄養分としてオススメなのが青魚にですね。魚の油には、特有の成分であるEPAやDHAがたくさん含まれています。常温でも固まりにくく、健康作用に優れたN-3系の脂肪酸、それから体内で作ることができない成分なので、食事からしっかりと吸収することが必要になります。

肉中心の食生活では不足しやすいために、EPAには血液をサラサラにし、中性脂肪を低下させ、動脈硬化を抑制するなどの働きがあります。

DHAにも動揺の作用がありますが、特に注目されるのは脳との関係ですね。煙草の煙で失われた学習能力や認知能力を改善し、精神の安定化などを改善してくれます。

ようするに、タバコにより、払拭した血液や脳は魚から吸収することが重要になりますね。